外食産業黎明期

~日本における外食産業の夜明けとセキシステムサプライ株式会社~

昭和40年代の銀座

 昭和44年、高知で土佐和紙の問屋を営んでいた「関株式会社」は、全国販売のための東京営業所として「株式会社関紙業」を設立しました。これが「セキシステムサプライ株式会社」の前身です。関紙業は、時代のニーズに合わせ、ほどなくティッシュペーパーなどの家庭用紙の卸販売へ業務を移行することになります。

我が社の現社長である関雅夫は、その数年前に慶応大学に入学しました。アメリカ文化を研究するサークルに入り、麻布や六本木界隈のレストランを取材し、サークルの機関紙に記事を書いたり、また文化祭で、まだ珍しかったホットドッグやハンバーガー、コカ・コーラなどを販売。その厨房でハンバーガーを作っていたのは、のちにロイヤル株式会社の社長となる稲田直太氏でした。セキシステムサプライ株式会社とファストフードとの関わりは、そのようにして始まりました。

 昭和43年春に大学を卒業すると、雅夫は品川の紙問屋に修業に出ます。そして翌44年春、設立されたばかりの関紙業に入社。その年の夏には、父・頼次の指示に従いアメリカへ1ヶ月間の単身視察旅行に出かけます。頼次のオーダーは「紙に関わる何か新しいビジネスを探してこい」というものでした。

 アメリカに着くと、ハンバーガーショップで、紙コップや包装紙などが惜しげもなく使い捨てられていました。スーパーマーケットでは、肉を紙やパルプのトレーにのせフィルムでラップして売っています。また、A&Wというハンバーガーショップへ車で乗りつけると、店員がオーダーを車まで取りに来て、数分後には届けてくれました。車の中で食べられるスタイルに驚き、雅夫は「自分がやるのは、このような分野だ」と思ったそうです。

 その年の秋、高知の親会社から、「東京に日米合弁の会社で、飲料用紙コップやスーパーのパッケージ用資材を生産してる会社があるから、調査してくれ」という依頼がきます。訪ねて行ってみると、その会社は日本でスタートして5年目で、当初の大手ユーザーへの直接販売から、一般市場へディーラー経由で販売していく体制を考えている時期でありました。

 そして、ユーザー先を紹介するから、ディーラーをやってみないか、ということになりました。そこで、青山の「紀ノ國屋」さんや、何社かの紹介を得て、それらの取引は始まりました。
 雅夫は、アメリカへの視察で、よく理解していたので、それらの初仕事は取り掛かりやすくスムーズにスタートを切ることが出来ました。そして、そのビジネスは順調に進展していきました。

人々で賑わう大阪万博博覧会

 その翌年、昭和45年には、大阪万国博覧会が開かれます。大勢の日本人が、その会場でケンタッキーフライドチキンなどのアメリカの外食産業に、初めて出合ったのです。
 それをきっかけにして、アメリカのファストフードのチェーン企業が、日本の有力企業と提携したりして、続々と上陸してきます。まさに日本に於ける外食産業の黎明期といえる時代でした。
 我が社は、そのような企業に紙コップやハンバーガーの包装紙などを提供しました。ところが、のちに銀座・三越に1号店を出して大成功したマクドナルドとは違い、若者が対象というイメージから、湘南の茅ヶ崎に出店したりして失敗。残念ながら、多くのチェーンが撤退していきました。

しかし、数多くの方々との出会いに恵まれたこともあり、当時の関紙業には、ファストフード業に必要な品揃えやノウハウが蓄積されていきました。それは、のちに外食産業のトータル・サプライヤー「セキシステムサプライ株式会社」として飛躍する、その礎として、しっかりと受け継がれていったのです。